夏が旬の枝豆!たった1つの手間でいつもと違った料理に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
枝豆のローストの画像

 

夏が旬の枝豆!たった1つの手間でいつもと違った料理に!?



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

料理ランキング

夏に旬を迎える枝豆。塩茹でしてビールと一緒に・・・たまりませんね。

少し脱線してしまいましたが、枝豆といえばやはりみなさん1番に思い浮かぶのは「塩茹で」でしょうか?

もちろん塩茹でもとても美味しいのですが、他にはどんな食べ方があるでしょうか?パッと出てこない方も意外に多いかもしれませんね。

今日はそんな旬の枝豆をシンプルに使った料理枝豆のローストのレシピを紹介していこうと思います。

ロースト」というたった1つの手間を加えるだけで、いつもの枝豆とはまた違った表情になります

では、さっそく材料から紹介していきます。

枝豆のローストの画像

・枝豆のローストの材料

・枝豆:150g

 

・塩:2つまみ

 

・ブラックペッパー:少々

 

・オリーブオイル:小さじ2

材料はこれだけです。

メイン食材となる枝豆塩茹でされていない、生のものを用意しましょう。

注意するのはそれだけで、塩とブラックペッパー、オリーブオイルはご家庭にある一般的なものでかまいません。


・必要な調理器具

・オーブン

 

・鉄板

 

必要な調理器具はこれだけです。

まずオーブンですが、ご家庭にあるのはほとんどがオーブンレンジでしょう。もちろんオーブンレンジで問題ありません

オーブントースターでも作れますが温度と加熱時間の調節が少し難しいかもしれません。

鉄板は枝豆を焼くためのものです。安価なものでかまいませんがサビ止め加工がされているものの方がいいでしょう。もちろん、そうでないとダメなわけではありません。

また【おすすめの調理道具のページ】でおすすめの調理道具なども紹介していますのでこちらも興味があったら見てみてください。

食材と調理器具が揃ったらさっそく作ってみましょう。


・さっそく作ってみましょう

①オーブンを250度に予熱しておく。

 

②鉄板にアルミホイルを敷いて、枝豆を剥かずにをひろげ、塩、ブラックペッパー、オリーブオイルを回しかけます。

 

③オーブンの余熱が完了したら、枝豆を乗せた鉄板をオーブンに入れる。

 

④オーブンで4分間焼いたら、1度取り出し上下を返すようにさっくり枝豆をかき混ぜ、なるべく多くの面に焼き色がつくようにする。

 

⑤もう一度オーブンに入れて3分間焼いていく。

 

⑥オーブンから取り出し、香ばしく焼きあがっていれば完成です。味見をして塩気が足りなければ塩を足しましょう

 


・ココがポイント

・オーブンレンジを使用する際に1番気をつけなくてはいけないのが、オーブンモードとレンジモードの違いです。今回のレシピでは鉄板やアルミホイルを使用しますが、レンジモードで鉄板やアルミホイルなどの金属製品を加熱すると発火します必ずオーブンモードで加熱するようにしましょう。

 

・材料の項目でも書きましたが、枝豆は塩茹でされていない生のものを用意しましょう。

 

・使用するオーブンによっては250度の設定ができないものがあるかもしれませんが、その場合は設定できる最高温度に予熱して加熱時間を少し伸ばしましょう。

また、同じ250度の設定でも実は機種ごとに温度差があったりもします。加熱時間はあくまでも目安として考え、実際に食べてみたり、枝豆の焼き色をみて判断しましょう。

枝豆のローストの画像


・まとめ

いかがでした?今回は「枝豆のロースト」のレシピを紹介しました。

オリーブオイルをかけて香ばしく焼き上げた枝豆は、おつまみはもちろん、ちょっとしたおかずにもバッチリです。

オーブンでローストするだけと非常に簡単なので、お近くのスーパーで生の枝豆を見つけたら、ぜひチャレンジしてみてください。

わからないことなどあれば【問い合わせページ】コメントから気軽に質問してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください