フリットのコツをプロが紹介!マッシュルームの香草フリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マッシュルームフリットの画像

フリットのコツをプロが紹介!マッシュルームの香草フリット



にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

全般ランキング

 

自宅で作るフリットはお店で食べるカラッとしてて、さっくりした食感のフリットとちがって、べちゃっとしてしまったり、もったりした衣になってしまっていませんか?

今回は驚くほどジューシーな「マッシュルームの香草フリット」のレシピを紹介したいと思います。

自宅でもお店で食べるような美味しいフリットを作るコツを紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ではさっそく材料から紹介していきたいと思います。

マッシュルームフリットの画像


・マッシュルームの香草フリットの材料

・マッシュルーム:6〜8個くらい

 

・薄力粉:50g

 

・塩:ひとつまみ

 

・ディル:1枝

 

・ビール:60ml

 

・サラダ油:適量

 

今回使用する食材はこれだけです。

まずはメイン食材のマッシュルームから。

マッシュルームは水煮のものなどではなく、必ず生のものを用意しましょう。

生のものであれば、スーパーなどで買える一般的なものでかまいませんし、ブラウンマッシュルーム、ホワイトマッシュルームのどちらでも大丈夫です。

薄力粉、塩に関してもご家庭にある一般的なものでかまいません。

ディルはフレッシュタイプのものでも、ディルウィードという刻んで乾燥させてあるもののどちらでもかまいません。

最後のビールに関しては黒ビールや白ビールなどではなく、一般的なものがむいています。

使う量が少ないので1缶でも余ってしまいます。

余った分は調理しながら飲むとして、お好みのビールを用意しましょう。笑

最後のサラダ油はマッシュルームを揚げるのに使用するので安価なものや、お好みのものでかまいません。


・必要な調理器具

・ボウル

 

・鍋

 

・網付きバット

 

・デジタル温度計

 

今回使用する調理器具はこれだけです。

ボウルはフリットの衣を作るのに使用するので、今回の分量であればそれほど大きなものでなくても大丈夫です。作る量に合わせたサイズのものを用意しましょう。

はマッシュルームを揚げるのに使用します。

鉄製のものが保温性も高くおすすめです。小さめのフライパンなどでもかまいません。

網付きバットは揚げたマッシュルームの油を切るのに使用します。

バットとは浅い角型の容器のことで、これに同じサイズの網がセットになったものが網付きバットです。

揚げたマッシュルームがおさまるサイズのもので、材質はステンレスなどがいいでしょう。

デジタル温度計はマッシュルームを揚げる際に油の温度を測るために使用します。

油はかなり高温になるので200度以上の温度帯に対応したものを使用しましょう。

また【おすすめの調理道具のページ】でおすすめの調理道具なども紹介していますのでこちらも興味があったら見てみてください。

食材と調理器具が揃ったらさっそく作ってみましょう。


・さっそく作ってみましょう

①まずは衣を作っていきましょう。

ボウルに薄力粉、塩、刻んだディルを入れたら、ビールも加えてさっくりと混ぜます。

マッシュルームフリット調理工程の画像

 

②マッシュルームは石づきの部分を取り除き、大きさをみて4〜6等分にカットします。

マッシュルームフリット調理工程の画像

 

③鍋に油を入れ火にかけてデジタル温度計で温度を測りながら、180度くらいになるまで温めます。

 

④油の用意ができたら、作っておいた衣に、カットしたマッシュルームをくぐらせてしっかりと纏わせます

 

⑤衣をつけたら一つずつ油に静かに入れて、たまにひっくり返しながら2〜3分程度揚げます。

マッシュルームフリット調理工程の画像

 

⑥揚がったら網付きバットにとり、分量外の塩をふって味付けをしたら完成です。

マッシュルームフリット調理工程の画像


・ココがポイント

・ガスコンロではなく、IHヒーターを使用する場合揚げ物モードがあれば、これを使用することで油の温度を簡単に調節することができ、温度計が必要ありません。

 

・小麦粉を水で練るとグルテンというものが発生し、粘り気が出てきて、そのまま揚げるとべちゃっとした仕上がりになってしまいます。グルテンは温度が高くなるとより強くなる特性があるので、よく冷やしたビールを加えてなるべくグルテンが発生しないようにしましょう。

それに、余ったビールを飲むときも冷えていた方が美味しいです。笑

 

・衣は混ぜすぎず、軽く粉がのこるくらいに仕上げましょう。

しっかりと混ぜすぎてしまうと、水分が蒸発する隙間がなくなってしまいもったりした仕上がりになってしまいます。

 

・今回のレシピでは衣を作るのに水ではなく、ビールを使用しています。

アルコールは水よりも早く揮発するのでカラッと揚げることができます。

 

・油は180度とかなり高温になるので、マッシュルームを入れるときは油が跳ねないように静かに入れましょう。

 

衣が綺麗なキツネ色になり、マッシュルームから出ている気泡が細かくなってきた時が揚げ上がりの目安になります。


・まとめ

いかがでしたか?今回はマッシュルームの香草フリットのレシピを紹介しました。

ビールを使った衣で揚げるのでカラッとしていて、サクサクな仕上がりになります。

さらにフリットにすることでマッシュルームは驚くほどジューシーになります。

揚げ物は初め難しく感じるかもしれませんが、ポイントさえおさえてしまえば、あとは油が勝手に調理してくれるのでぜひつくってみてください。

わからないことなどあれば【問い合わせページ】コメントから気軽に質問してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください