プロの料理の隠し味!イタリア料理の万能調味料ソフリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ソフリット調理工程の画像

プロの料理の隠し味!イタリア料理の万能調味料ソフリット



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

料理ランキング

ちょっと特別な日に作りたい牛肉の赤ワイン煮込みや、パスタの定番ミートソースなどの煮込み料理。

なんだか難しそうで手が出せない方や、自宅で作ってみたものの、お店で食べるような奥行きのある味わいがなかなかでなくて、美味しいけど、せっかく時間をかけて作ったのにパッとしない。とお悩みの方に朗報です!

今回は煮込み料理の味をぐっと上げてくれる、イタリア料理で使われる万能調味料ソフリットのレシピを紹介していきたいと思います。

まずはドライフルーツを思い出してみてください。フルーツを乾燥させることで、甘みと旨みが強くなっていますよね?

イメージとしてはソフリットもそれと一緒です。

ソフリットは香味野菜をじっくりと加熱することで、野菜の甘みをしっかり引き出したもので、煮込み料理やスープなどさまざまな料理の隠し味に使われます。

では、さっそく材料から紹介していきます。

ソフリット調理工程の画像

・ソフリットの材料

・玉ねぎ:1kg

 

・にんじん:500g

 

・セロリ:500g

 

・バター:10g

 

・塩:1つまみ

 
必要になる食材はこの通りです。

まずは玉ねぎ、にんじん、セロリ3種類の香味野菜とについては普通のものでかまいません。

次にバターですが、しばらくバターが手に入りづらかったり、高値だったりという状況が続いてますね。

今回のレシピではバターと表記していますが、オリーブオイルでもかまいません。

バターが手に入りづらい場合はオリーブオイルを使用してください。 


・必要な調理器具

・鍋

 

・フードプロセッサー

 

必要な調理器具はこれだけです。

まずはから説明していきます。鍋は蓋つきで厚手のものがむいてはいますが、それでないとダメというわけではありません。

深さのあるタイプのフライパンなどでもいいでしょう。

フードプロセッサーは野菜をみじん切りにする時に使用します。

もちろん包丁でみじん切りにすることも可能ですが、かなり手間なのであまりおすすめしません。

フードプロセッサーをお持ちでない場合は【おすすめの調理道具のページ】で紹介していますのでこちらも興味があったら見てみてください。

1台あるとさまざまな食材の下準備がだいぶ楽になるのでおすすめです。

食材と調理器具が揃ったらさっそく作ってみましょう。



・さっそく作ってみましょう

①まずは食材の下準備から始めましょう。

玉ねぎとにんじんはヘタをとり皮をむき、セロリは葉と茎に分けておきます。今回セロリは茎の部分のみ使用します。

 

②全ての野菜を適当なサイズにざっくりカットして、フードプロセッサーにかけて、みじん切りにしていきます。

ソフリット調理工程の画像

 

③野菜の下準備ができたら、鍋にバターを入れ強火にかけ、みじん切りにした野菜も加えます。

 

④塩も加え、野菜が焦げ付かないように混ぜながら加熱していきます。

ソフリット調理工程の画像

 

⑤野菜から出た水分が沸騰してきたら弱火におとし、蓋をして1時間程度たまに混ぜながら蒸し煮します。

 

⑥1時間ほど経ったら蓋を取り、そのまま水分を飛ばすようにじっくり加熱していきます。

 

⑦水分がしっかり飛んでくると下の画像のように量がだいぶ減ってきます。

ソフリット調理工程の画像

 

⑧野菜の甘みがしっかり引き出されて、水分がしっかりと飛ばせたら完成です。


・ココがポイント

・今回はセロリの茎の部分のみを使用します。葉の部分も多少加えても問題ありませんが、全て加えてしまうと青っぽい味が強くなってしまいます。

全量は加えずに残った葉の部分は別の調理に使用しましょう。セロリの葉を使用するレシピも今後紹介していこうと思っています。

 

・今回加える塩についてですが、今回は塩味をつけるのが目的ではなく、塩のもつ脱水作用で野菜の水分を出すことが目的です。

なので加える塩は少量でかまいません。

 

・最初に強火で温めるときと、水分が飛んできてからは焦げ付きやすくなってくるのでしっかりと混ぜながら加熱しましょう。

 

・今回は野菜2kg分の分量で紹介しましたが、【玉ねぎ:にんじん:セロリ】が【2:1:1】の割合なので作りやすい分量で作ってください。

また野菜の分量はあくまでも目安ですので、正確に1kgなど、そこまできっちり計測しなくても大丈夫です。

 

・冷ましてからジップロックなどの保存用袋に入れてなるべく空気を抜き、薄い板状に冷凍することで必要な時に必要な分を割って使用することができます。


・まとめ

いかがでしたか?今回はソフリットのレシピを紹介しました。

このソフリットはそれだけで食べるものではないですが、これがあると煮込み料理などがかんたんに美味しく作れたりと非常に便利なものです。

少し時間はかかりますが、ソフリットを使って作った煮込み料理は野菜の優しい味わいがでていて美味しいです!ぜひチャレンジしてみてください。

これまでは料理初心者や中級者向けのレシピをメインに紹介してきましたが、今後はこのソフリットを使用した煮込み料理など上級者向けのレシピも少しづつ紹介していきたいと思っていますので楽しみにしておいてください。

わからないことなどあれば【問い合わせページ】コメントから気軽に質問してくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください